自然豊かな環境で子育てが出来る保育園 茨城県常陸大宮市

0295-54-3122
お気軽にお問い合わせ下さい

草加商工会義手異業種交流会の視察例会

草加商工会義手異業種交流会の視察例会で我が緒川生涯現役計画に16名のメンバーがお見えになりました

(私は異業種交流会の代表幹事を務めています)

今回の視察テーマは今後の高齢者向けビジネスの切り口としてのきっかけつくりと地元原木しいたけ栽培会社の原発の影響と今後の対策を通して脱原発の場合の新規ビジネスのきっかけ発見を目的に開催されました

まずは、このプロジェクトのコンセプトや今後の計画などを私が説明しました

草加商工会義手異業種交流会の視察例会

経営者ばかりなので生涯現役でやる事は可能ですが、中小企業のオーナーとしての最大の悩みは事業継承なので皆さん熱心に聴いてくださいました、有難うございました

その後は施設見学です

ここは土間を大きく取っていて、地元の方が畑から来ても足元を気にしないで、入ってこれる事とかまどや囲炉裏などを作り山小屋風に楽しめる場所にしたいと説明しました

ここは土間を大きく取ってあります

ここは食堂兼居間兼集会室で60畳あります、まきストーブを設置し40人以上が食事をできるスペースです

ここは食堂兼居間兼集会室で60畳あります

今後ここでいろいろのイベントやパーティーを開く予定です
楽しみです

真ん中においてある銀色の物は、全館床暖房を自作する為の、熱伝導板で本当はアルミでやりたかったんですが、高価なのでガルバリウム鋼板(屋根材料と同じ)でやる予定です、価格差ほどの伝導率の差はないのできっと効果があると思っております

また床暖房の蓄熱材として、物つくり大賞を受賞したエネオスのエコジュールを埋め込み、実証実験を行う事で合意をしています

この建物は全て木造で作っていますが、電気制御は私の本業だったので、見えないところに人感センサー・温度センサー・ナースコールなどを取り入れてあり、全て機械制御用のプログラマブルコントローラーで最適に制御する予定です

これは高齢者の部屋での異常検知や快適性の確保など自動で制御する事により、温まりすぎや冷えすぎ通風のコントロールを行います、もちろん照明も外部の明るさにあわせて自動消灯します

屋上の写真です

屋上の写真です

既存建物は元グンゼの縫製工場で300坪あります

屋上に上がる階段をDIYで作成し(DIYのブログを見てください)洗濯干し場のベランダとソーラー30KWを設置する予定です

奥のほうに見えるのがソーラーです、今作業中で年内には完成予定です

このソーラーで効率よく発電できると、不耕作地に足場パイプで2m高さの台を作りそこに設置し、下で観葉植物や日陰植物を栽培できるようにしたいと考えています

この考えを農業委員会は理解できないみたいで、今説明に回っているところです

これができると不耕作地が売電と農作物の販売で雇用も利益も生み出す事ができます

そうすればいくらでも不耕作地が有っても有効活用できます
すごい事だと思っています

その後、美和にある河西しいたけ園に原木しいたけ栽培の原発の影響と今後の対策のお話をお聞きしました

美和にある河西しいたけ園に原木しいたけ栽培

背中の見えている方が社長の河西和文さんで熱心にお話いただけました

ボーイスカウトの夏季訓練でも子供たちに丁寧にお話くださいました・・感謝いたします

原発の影響で原木の廃棄が決定され7月より休業だそうです、、近隣の原木シイタケ栽培業者は数社を残して廃業したそうです全く理不尽な話だと思います

河西さんのしいたけは天皇陛下にも献上され、5年連続で県知事賞を獲得している優秀なしいたけで、この後懇親会で炭で焼いて食べました、

スーパーで売っているものとはぜんぜん違うと皆喜んでいました、ここでもしいたけが苦手な人がいて、この焼きしいたけなら食べれると言っていました・・やはり本物は違います

7月以降、放射能の検査用に少しだけ栽培しているしいたけです、もちろん基準値の数分の一の数値だそうです

せっかくできた良い物でも物が売れないとは、栽培農家のつらさが身にしみます

河西さんのしいたけは天皇陛下にも献上され

河西さんのおかげですばらしい勉強ができたと参加者は喜んでいました

この後、地元の古民家を利用した炉辺焼きのやき屋しんたくさんで懇親会を開催しました
炭火でしいたけや鶏肉野菜などを焼いて食べました

お酒ワインビールと大盛り上がりでした
写真は遠慮しました

終了後に今度は緒川生涯現役計画に家族で遊びに来ると皆さん言ってくださいました

暖かくなったらぜひともおこし下さい・・お待ちしています

 - 地元イベントのこと

  関連 記事一覧